ゴルフで健康改善

ゴルフを楽しみながら健康改善することが出来れば最高ですよね?よく、お医者さんなどから言われるように、健康管理のポイントは、1.適度な運動、2.適度な栄養、3.休養の3点です。それでは、この3点についてゴルフが健康に与える影響について考えてみましょう。

1.適度な運動

適度な運動

体脂肪を燃焼させるためには、最低15分以上の持続的な有酸素運動が必要になります。
ゴルフの場合、ボールを打つ前に必ず立ち止まったり、ホールごとに必ず休憩や待ち時間が発生するため、有酸素運動をすることができません。

そこで、ゴルフでの運動量不足を補うため、自宅からゴルフ場までの移動を車から電車などの公共機関の利用に切り替え、なるべく歩くようにすることが有効的な手段だと思われます。

できるだけ乗り物を使わず、自分の足で歩く意識を持ちましょう。

2.適度な栄養

適度な栄養

健康管理をする上で、食事はとても大切なものになります。毎日一定時刻にゆっくり時間をかけてとり、脂肪や塩分は控えめにしましょう。

ゴルフ場の食事では、プレーの状況に応じて食事の時刻が一定せず、後半スタートの前に短時間で食事をすることが多いと思います。また、一般的に外食は高カロリー、高塩分、栄養に偏りがありますので、控えたほうが良いという声もあります。

ゴルフ場で食事をするときは、上記のことを踏まえて脂肪や塩分が少ないもの、吸収がよいものを食べるようにしましょう。

3.休養

休養は十分な睡眠と、ストレスの解消が重要です。スタート時刻に合わせて早起きし、スコアメイクなどでストレスをためるゴルフは、あまり健康に良い影響を与えるとは思いません。

ゴルフを長く楽しむためにも、健康な体は重要ですのでくれぐれも気を付けるようにしましょう。

お気軽にお問い合わせください